医療法人寶樹会 仙塩利府病院

電話番号:022-355-4111

寶樹会トップへ戻る

clear

診療科のご案内

地域連携室のご案内

休診のお知らせ(PDF)

採用情報

採用情報

医療法人寶樹会 仙塩総合病院

ホーム < 診療科のご案内 < 眼科

眼科

[診療科概要]眼球および眼球周辺の病気を取り扱う診療科

眼球の疾患はもちろん、目蓋やまつげによる症状も治療

眼科といえば文字通り眼を専門に取り扱う診療科。結膜、角膜、水晶体、眼窩(眼球が入っているくぼみ)、眼底(網膜・視神経・血管などが 見える部分)に現れる症状を診察・治療します。また、眼科が取り扱う部位は目蓋の奥だけでなく、目蓋やまつげの疾患も専門の領域。近年では眼アレルギー疾患(アレルギー性結膜炎など)を取り扱う機会も増加。また、メガネや特定の種類のコンタクトレンズの処方も行っています。

clear

眼科受付時間

曜日 受付時間 担当医師
月曜 8:30~11:00 鈴木
火曜 8:30~11:00 鈴木
水曜 8:30~11:00 鈴木
木曜 8:30~11:00 鈴木
金曜 8:30~11:00 鈴木

一人ひとりに丁寧な診察と説明を心がけています

眼病以外の病歴・疾患についても 詳しくお聞きし診察・治療を行います。

仙塩利府病院の眼科で診察に当たっているスタッフは医師1名、視能訓練士1名、看護師1名の計3名。人数は少ないかもしれませんが、まず患者さんやご家族の皆さんのお話を「聞く」ことを大切に診察を行っています。

眼科ではまず問診、視力測定、眼圧測定を行ってから診察・処置を行います。当眼科においでの患者さんにはご高齢の方が多く、糖尿病や脳梗塞によ視覚異常(視野欠損など)、白内障、緑内障なども少なくありません。皆さんがお持ちの病歴や治療中の疾患についてもしっかりお聞きし、他科と連携した診察・治療を行います。

clear

[特長]糖尿病関連余病対策を積極的に実施

糖尿病網膜症に対する「網膜光凝固術」、「白内障手術」に力を入れています。

当眼科を受診される皆さんの多くはご高齢の方々。糖尿病の余病として発症する網膜症や白内障の方も多くお越しになります。そこで当眼科では糖尿病網膜症に対する「網膜光凝固術」と白内障手術に力を入れています。

「網膜光凝固術」とは

糖尿病網膜症などの眼底疾患に対して行われるレーザー治療のひとつ。レーザー治療装置を用い特定の波長をもったレーザーをピンポイント照射。病的な網膜を凝固させ、病気の進行を抑えます。ここで大事なのは、この治療法が「病気の進行・悪化を食い止めるためのもの」だということ。根治療法ではありませんが、現在の眼底疾患治療では非常に重用な治療法だと考えられています。

「白内障手術」とは

「白内障」とは高齢化のため眼の中にある水晶体(レンズ)が濁ってくる病気のこと。発症すると眼のかすみ、視力の低下、まぶしさの増大などの症状が現れます。 この濁ってしまった水晶体を手術で取り除くのが「白内障手術」です。眼の手術と聞くと「こわい」「痛そう」と思われるかもしれませんが、現在の技術ではほとんど痛みを感じません。
仙塩利府病院では全身麻酔による「こわくない」手術も行っています。水晶体が濁りきってしまうと手術も困難になります。そうなる前にぜひご相談ください。

手術件数

手術名称 H25 H26 H27
水晶体再建術 43 45 72

眼科医師紹介

眼科部長

鈴木 道子 医師

資格

眼科専門医

診療科一覧へ戻る

clear